ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

メタボリックシンドロームの要因:皮下脂肪と内臓脂肪

脂肪組織

メタボリックシンドロームの原因の一つに「脂肪」があります。

脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、どちらもある程度は必要なものです。

定期貯金と普通貯金

●皮下脂肪:定期貯金
皮膚のすぐ下にある脂肪

●内臓脂肪:普通貯金
内臓の周囲にある脂肪

皮下脂肪は定期貯金、内臓脂肪は普通貯金と言われています。

これは、皮下脂肪は減りにくく、内臓脂肪はつきやすく、減りやすいという性質があるからなんです。

皮下脂肪

皮下脂肪には以下のような特徴があります。

・定期貯金のように減りにくい
・皮膚のすぐ下につく
・女性につきやすい
・保温の役目、内臓を衝撃から守る
・お尻や太ももにつく

*女性ホルモンは、内臓脂肪より皮下脂肪を蓄える傾向があります。

そのため、女性は皮下脂肪を蓄積しやすいと言えます。

内臓脂肪

一方、内臓脂肪には以下のような特徴があります。

・普通貯金のように、つきやすく減りやすい
・内臓の周囲につく
・男性につきやすい
・多いとメタボリックシンドロームになる

*男性ホルモンは筋肉量を増やすとともに、内臓脂肪を蓄積させる作用があります。

そのため、内臓脂肪は女性よりも男性に蓄積しやすいという特徴があります。

今回のガイドは如何でしたか?
次回は脂肪について、さらに詳しくガイドしていきます。

随時、専門的な最新ニュースも取り入れていきますので乞うご期待!

「メタボリックシンドロームの真実」(めざせ脱メタボ!)
お・た・の・し・み・に~!

最新の記事