埼玉県熊谷市の整形外科医 松田 芳和 が複雑な体の仕組みや動きを分かりやすく解説いたします。
少しでも痛みの緩和や病気の予防につながれば幸いです。
腰痛やランニング障害、人工関節に関する無料小冊子もご用意していますのでぜひご活用ください。 
まつだ整形外科クリニック
人工関節置換術
腰痛対策

肩こり何でもQ&A

インソールバナー2

2007年3月14日




「肩・こ・り」で悩んでいる方は大変多いんですね。
最近では若い女性に多く、20代の女性の実に半数以上の方が
肩こりで困っているとの報告もあります。
「肩・こ・り」は祖先が二本足歩行を始めてからの人間の宿命。

【運動不足】と【ストレス】 に代表される
現代の生活習慣病なんですね。そのため、日頃の日常生活に
密着した質問がとても多かったです。

Q&A

Q1.「肩こり」の時は、温めればいいですか?それとも冷やせば
いいですか?

A1.温めるのが効果的です。
温めることによって、血行が良くなります。血液の循環が
良くなりますから、筋肉が酸素不足になり疲労物質が蓄積しなく
なるんです。冷やすのは逆効果になることが殆どです。

Q2.ある病院では「温シップ」を、別の病院では「冷シップ」を
もらいました。どちらがいいの?
 
A2.これも多い質問の一つです。「温シップ」と「冷シップ」
について、多くの方が誤解しているんですね。
「温シップ」=「温める」 「冷シップ」=「冷やす」
この効果はあまり期待できません。温シップにはからしの成分が
含まれていますから確かに熱く感じますが、「温める」のであれば
カイロなどの方がはるかに効果的です。冷シップは「冷っ!」とする
貼り心地はしますが、長続きはしませんよね。つまり、違いは
「貼り心地」だけと言ってもよいでしょう。ただ、シップには炎症を
抑えて、痛みを楽にする成分が入っていますから
正解は「どちらでもいい!」んですね。
あくまでも「貼り心地」の違いです。

Q3.肩こりには「入浴」がいいと聞きました。効果的な入浴法を
教えてください。

A3.入浴は体の血行を促進します。ですから乳酸などの疲労物質や
炭酸ガスといった老廃物の排出も促進されます。
ここでは、2つの入浴法をお薦めしますね。

【ぬるめの湯で半身浴】
入浴すると、足にかかる水圧によって心臓に血液が送り込まれ、血流も
良くなります。ところが、湯船にあごまでつかると、心臓にまで負担が
かかってしまうんです。そこで、半身浴を試してください。
さらに、ぬるめの湯であれば、副交感神経の働きが活発化されます。
心身ともにリラックス出来ます。

【温冷浴】
特に過度のストレスで疲れている時にお薦めします。
少し熱めの湯と冷たい湯(ぬるめの湯)に交互に入る方法です。
浴槽に少し熱めのの湯を半分ほど入れましょう。1~2分つかりゆっくりと
水を足して行きましょう。ぬるくなったら、熱めのお湯を足してくださいね。
最後はゆっくり適温でどうぞ。血行が良くなり、こわばった筋肉をほぐします。
そしてストレス解消にもいいですよ。
ただし、心臓の悪い方にはお薦めできません。負担の方が強くなりますから。

Q4.肩こりに効く「食べ物・飲み物」ありますか?

A4.はい!ありますよ。ではおすすめ品をガイドしましょう!

■ストレスが強いときは….
朝食に「バナナ」と「ミルク」がおすすめ!です。
「バナナ」は炭水化物と食物繊維がバランスよく含まれています。
さらに、バナナにあるセロトニンはストレスに効果的なんです。
「ミルク」は気持ちを落ちつかせるカルシウムが豊富ですよね。
「バナナ」と「ミルク」試してみて下さいね。
 
■コーヒーより「レモンティー」を!
人間はストレスを感じると、アドレナリンを分泌します。
そのさい、必要とされるのがビタミンC。
レモンはビタミンCを多く含みます。さらに、レモンに含まれる
クエン酸が疲労物質である乳酸も分解してくれますから、コーヒー
よりも「レモンティー」がおすすめです。

■デザートには「グレープフルーツ」を!
肩こりが起こると、交感神経が緊張し、血圧が上がることがあります。
血圧を上昇させる原因の一つにナトリウムがありますが、これを排出
する効果があるのがカリウムなんですね。
つまりカリウムを含んでいる食品は血圧を下げる効果があるといえます。
その代表が「グレープフルーツ」。
しかも、ビタミンCも豊富ですから、デザートにはおすすめですよ。

Q5.下着によって肩こり感が違うんです。
どんなことに気をつければいいですか?
なんかすみません。。フー先生の専門じゃないですよね。。。

A5.いえいえ、いいですよ。
実は、女性の下着選びは肩こりと関係があるんです。
肩こり予防には「バストの位置」がとても大事なんだそうです。
どうにも男性にはわかりにくいかもしれませんが。
これは、医学的にも報告されているんです。
某下着メーカーの報告では、「ブラジャーを着け、バストを理想の位置
に上げた状態」がもっとも肩にかかる負担が少ないそうです。
床に対する肩甲骨の傾き(90度に近いのが理想的)の計測でも、
バストの位置が低い状態では傾きが下がり、
姿勢が悪くなってしまうそうです。
姿勢が良いと、若々しく見えますよね。
内臓にかかる負担もすくなくなります。
体に優しい下着選びが大事なんですね。

Q6.ダイエットをしてから「肩こり」がひどくなったような気がします。
ダイエットが原因なんですか?

A6.無理なダイエットは禁物です!
おそらく、ダイエットによって更年期症状が出てしまったのでは?
急に体重が減ると、脳の視床下部からの命令によって
卵巣のホルモン分泌が止められてしまいます。
このため、排卵や月経が止まってしまうことがあるんです。
つまり、更年期症状を作り出してしまってるんですね。
専門医の治療に加え、食事、運動などの生活習慣の
見直しが大事だと思いますよ。

Q7.私は、一日中パソコンに向かうことが多く、連日の残業で
休む暇もありません。最近では、慢性的な肩こりに加え、
目が疲れて目薬が離せません。。。 何かいい方法は?

A7.うーん。もちろん、運動と正しい姿勢、ストレス解消が
大事なんですが。。。
仕事が忙しいとそんな暇もないかもしれませんね。
特に疲れた目に効果的な方法を一つガイドしますね。
「熱い蒸しタオル」を準備してください。
視神経の疲れだけではなく、脳の疲れもとってくれますよ。
是非、お試し下さいね。

~~~ さて、今週はみなさまの声を中心にお届けしました。
「肩こりQ&A」如何でしたか?
 人には聞けない「素朴な疑問」。これからもお待ちしていますね。
来週から脊椎の中心である「胸椎」(きょうつい)から
「腰椎」(ようつい)にかけてガイドして行きますね。
~★お・た・の・し・み に!….. ♪

お知らせ
Dr.フーの「知恵のなる木」Q&A も配信にむけて準備中です。
みなさんが日頃感じる素朴な疑問などなかなか医者には聞けないないような
質問でも結構です。以外な医学の常識とウソがあるかもしれません。
みなさまからのメールをお待ちしています。

注意、免責事項について
■医療相談は行っていません。治療中に方は主治医の方にご相談下さい。
■記載内容を利用して生じた結果については、当方では責任は取れません。


まつだ整形外科クリニック

インソールバナー2



無料小冊子 整形外科医が教えるランニング術


ランナーの7つの御利益とは?

その1.走って筋肉や骨が強くなる!
その2.走って脂肪燃焼!
その3.走ってメタボを予防する!
その4.走って多くのホルモンが分泌する!
その5.走ってアンチエイジング!
その6.走ってセルフマネジメント能力を高めよう!
その7.走って脳トレ!

小冊子をお申し込みいただいた方には、定期的にランナーのためになる情報を無料メールマガジンとしてご案内いたします。

プライバシーポリシーはこちら


メールアドレス
同じテーマの最新記事
同じテーマの最新記事

タグ

BMI おや指 かかとの痛み こむらがえり ばね指 ふくらはぎ やせの大食い ゆびの長さ アウターマッスル アキレス腱 アキレス腱周囲炎 アキレス腱炎 アーチ構造 インスリン抵抗性 インナーマッスル エックス線検査 エネルギー エネルギー倹約遺伝子 カルシウム ガングリオン クールダウン グルコサミン コンドロイチン ゴルフ肘 サプリメント サプリメント選び シップ シンスプリント ジャンパー膝 ステロイド ストレス ストレス解消 ストレッチ ダイエット テニス肘 デメリット ドーナツ状パッド ハイドロキシアパタイト ハイヒール ハリ治療 ビスホスホネート ビタミン ビタミンD マグネシウム ミネラル不足 メタボ メタボリックシンドローム モートン病 ランナー ランニング障害 リハビリ 上腕の神経 中足骨 二足直立歩行 五十肩 五十肩とは 五十肩の原因 五十肩の定義 五十肩の治療 五本指ソックス 人工膝関節 人工膝関節置換術 人工関節 体操 偏平足 偽痛風 内くるぶし 内臓脂肪 内臓脂肪症候群 前十字靭帯損傷 半月板 半月板損傷 可動時痛 名医 土踏まず 圧迫骨折 基礎代謝 変形性股関節症 変形性膝関節症 変形性関節症 外傷性肩関節脱臼 外反母趾 外反母趾の予防 外反母趾の治療 外脛骨 外脛骨障害 大腿二頭筋 大腿四頭筋 大腿骨 大腿骨頭壊死 大腿骨頭壊死症 大転子滑液包炎 学的根拠 安静時痛 寒冷療法 弁慶の泣き所 後脛骨筋腱 心筋梗塞 恥骨 恥骨結合炎 慢性関節リウマチ 扁平足 手のひら 手のアーチ 手の主要機能 手の皮膚 手の皮膚の秘密 手術 手術療法 指の腱 摂り方 整形外科 栄養補助食品 棘突起 椎間板 構造 橈骨 母趾 水中ウォーク 水疱 治療 治療の基本 治療の目標 治療法 海綿骨 温熱療法 滑膜 滑膜性腱鞘 爪の役割 物理療法 特発性脊柱側弯症 球関節 理学療法士 生活習慣病 疲労物質 疲労骨折 痛風 瘢痕組織 白色脂肪細胞 皮下脂肪 皮膚の摩擦 皮質骨 石灰沈着性腱板炎 神経腫 科学的根拠 筋断裂 糖代謝異常 肉離れ 肘内障 肘関節 股関節 股関節の弱点 肥満 肥満度 肩こり 肩こりの原因 肩こり予防 肩の脱臼 肩の脱臼の治療 肩の脱臼 Q&A 肩関節 胸椎 脂肪 脂肪の取り過ぎ 脂質異常 脊柱側弯症 脊椎 脊髄損傷 脱メタボ 脳血管障害 腓腹筋痙攣 腓骨筋腱 腓骨筋腱損傷 腰椎 腰痛 腰痛予防 腰痛対策 腰痛治療 腱板 腱板断裂 腱鞘炎 腱鞘炎の原因 腱鞘炎の症状 腸脛靭帯炎 腹囲径 膝の健康 膝の機能 膝の状態 膝の痛み 膝関節 膝関節の可動性 舟状骨 薬の特徴 血圧異常 行軍骨折 装具療法 褐色脂肪細胞 親指 触診 診断基準 走りすぎ 足のアーチ 足のマメ 足の内くるぶし 足の甲の痛み 足底板 足底板治療 足底腱膜炎 足根骨 足趾 踵骨棘 軟骨 軟骨変性 運動不足 運動療法 過呼吸症候群 選び 選び方 遺伝 野球肘 野球肘の治療 長所と短所 関節ねずみ 関節の痛み 関節の痛みを和らげる 関節内注射 関節液 関節炎 関節痛 関節穿刺 関節裂隙 関節軟骨 陥入爪 靭帯 靭帯性腱鞘 頚椎 頚椎のしくみ 頚椎の病気 食事予防 飲酒量 骨と関節 骨の吸収を抑える薬 骨密度 骨折 骨梁 骨粗鬆症 骨粗鬆症Q&A 骨量計測検査 高位脛骨骨切り術 3つの運動療法

Copyright © 2014 整形外科医散歩道 All Rights Reserved.