埼玉県熊谷市の整形外科医 松田 芳和 が複雑な体の仕組みや動きを分かりやすく解説いたします。
少しでも痛みの緩和や病気の予防につながれば幸いです。
腰痛やランニング障害、人工関節に関する無料小冊子もご用意していますのでぜひご活用ください。 
まつだ整形外科クリニック
人工関節置換術
腰痛対策

頚椎疾患の治療をガイドする

インソールバナー2

2007年3月10日




【其の6】頚椎疾患の治療

▼はじめに:
先週は4つのケースをあげて、代表的な疾患をガイドしました。
では、治療はどうするの? 誰もが思う素朴な疑問ですよね。

今週はそんな疑問に答える形で一般的な治療について、また
その考え方についてもガイドしましょうね。

<治療の考え方>
一般的に病院で行われる治療方法は大きく分けて3つあります。

★外来で行う方法
外来・リハビリでの治療が中心となります。多くの方はこの治療
で軽快することが多いですね。

★入院で行う治療 (手術が必要とならない場合)
外来での治療では症状の改善が望めない場合に行います。
安静やブロック注射、鎮痛剤の内服、注射などが中心になります。

★手術療法
いわゆる、保存的治療で改善が得られない場合、もしくは保存的
治療では改善が期待できない場合に行います。

<外来で行う治療>
症状の軽い方は外来での治療で十分です。
まずは、「首に優しい!首にいい!」生活を心がける事ですね。
今までもガイドして来ましたが、
「下を向いてやる仕事」や
「パソコンなど首を曲げる(屈曲)事が多い仕事」
は首には優しくありません。出来るだけ、少ない時間にしましょう。

一般的にはリハビリが中心となります。代表的なのは
「牽引」と「装具」による治療です。
  
「牽引」
牽引は個人差もありますが、週に2-3回、
1から3ヶ月で改善することが多いようです。
ただし、注意も必要です。
症状の強い場合は牽引は逆効果になることがあります。
また、誰にでも効果がでるわけではありません。
症状の変化が見られない場合は主治医に相談してみましょうね。

「装具」
装具は「頚椎カラー」や「フレーム型」が多く使用されています。
このような装具は1日に2-3回にわけて使用するのが良いでしょう。
1日2時間ほどが目安でしょうか。1回での使用時間は20-30分くらいが
いいと思います。もちろん、個人差がありますが、かなり痛みの強い
方で楽になることが多いです。

<入院で行う治療> (手術が必要とならない場合)
外来での治療では改善しない方は
すぐに手術が必要なのでしょうか?

答えはNo!です。
外来治療で改善しない方の意外と多くの方が、日常生活で
「首に悪い姿勢」をとっています。

○忙しくて仕事が休めない。
○睡眠不足である。
○連日の残業でリハビリにも通えない。

心当たりのある方は多いのではないでしょうか?
入院して体を休ませる。首に悪い姿勢をとらない。
これだけでも、症状がずっと軽くなる方が多くみられます。
もちろん、併用して、
鎮痛剤の内服・注射。時にはブロック注射を行う事もあります。

<手術治療>
最初にフーから一言!
「基本的には例外を除いて、手術治療は避けるべし」
みなさまにとっても、われわれ医者にとっても
手術治療は避けたいものです。
じっさい、多くの方は手術は必要としません。
する必要はありません。

しかし、どうしても必要な場合があります。これからガイドする
症状が出ている場合、もしくは強く疑われる場合は手術を勧めます。

◎膀胱直腸障害
これは、残尿管として自覚することが多いです。
●一度の排尿で十分な尿が出ない。
●頻尿である(頻繁にトイレに行く)

男性の場合は前立腺、女性では膀胱炎でも起こりますが、
頚椎疾患が原因である場合は症状が進行している状態です。

◎下肢の症状
足の運動に影響が出てきます。
●階段歩行がしずらい
●暗い場所で歩行ができない
●ふらつく
●歩いていて急に止まれない
などの症状が多くみられます。
以上の症状が出ている場合は手術が必要になることが多いです。

○上肢の症状
●字が上手く書けない
●ボタンがとめられない
●箸がうまく使えない
上肢の症状が出ている方も、手術が必要になることがあります。
とくに、仕事で細かい作業が必要な方には必要かもしれません。

<注意>
さきにガイドした症状があっても必ず手術というわけではありません。
その方の
○年齢・生活背景
なども影響を与えますし、
○症状の程度「臨床症状」
にもよります。そして何より大事なことは
「臨床症状」とレントゲンやCT・MRIなどの「画像診断」
が一致することによって
はじめて、手術によって治せる可能性があるのです。
よく、主治医の先生に説明していただくのがよいでしょう。

さて、駆け足で頚椎の難所を駆け抜けてきました。
    
いよいよ来週は皆様からガイド希望のあった
「肩こり」についてガイドします。
日本人の大敵といわれる「肩こり」
すこし時間をかけてガイドします。
お・た・の・し・み・に!     

お知らせ
Dr.フーの「知恵のなる木」Q&A も配信にむけて準備中です。
みなさんが日頃感じる素朴な疑問などなかなか医者には聞けないないような
質問でも結構です。以外な医学の常識とウソがあるかもしれません。
みなさまからのメールをお待ちしています。

注意、免責事項について
■医療相談は行っていません。治療中に方は主治医の方にご相談下さい。
■記載内容を利用して生じた結果については、当方では責任は取れません。


まつだ整形外科クリニック

インソールバナー2



無料小冊子 整形外科医が教えるランニング術


ランナーの7つの御利益とは?

その1.走って筋肉や骨が強くなる!
その2.走って脂肪燃焼!
その3.走ってメタボを予防する!
その4.走って多くのホルモンが分泌する!
その5.走ってアンチエイジング!
その6.走ってセルフマネジメント能力を高めよう!
その7.走って脳トレ!

小冊子をお申し込みいただいた方には、定期的にランナーのためになる情報を無料メールマガジンとしてご案内いたします。

プライバシーポリシーはこちら


メールアドレス
同じテーマの最新記事
同じテーマの最新記事
同じテーマの最新記事

タグ

BMI おや指 かかとの痛み こむらがえり ばね指 ふくらはぎ やせの大食い ゆびの長さ アウターマッスル アキレス腱 アキレス腱周囲炎 アキレス腱炎 アーチ構造 インスリン抵抗性 インナーマッスル エックス線検査 エネルギー エネルギー倹約遺伝子 カルシウム ガングリオン クールダウン グルコサミン コンドロイチン ゴルフ肘 サプリメント サプリメント選び シップ シンスプリント ジャンパー膝 ステロイド ストレス ストレス解消 ストレッチ ダイエット テニス肘 デメリット ドーナツ状パッド ハイドロキシアパタイト ハイヒール ハリ治療 ビスホスホネート ビタミン ビタミンD マグネシウム ミネラル不足 メタボ メタボリックシンドローム モートン病 ランナー ランニング障害 リハビリ 上腕の神経 中足骨 二足直立歩行 五十肩 五十肩とは 五十肩の原因 五十肩の定義 五十肩の治療 五本指ソックス 人工膝関節 人工膝関節置換術 人工関節 体操 偏平足 偽痛風 内くるぶし 内臓脂肪 内臓脂肪症候群 前十字靭帯損傷 半月板 半月板損傷 可動時痛 名医 土踏まず 圧迫骨折 基礎代謝 変形性股関節症 変形性膝関節症 変形性関節症 外傷性肩関節脱臼 外反母趾 外反母趾の予防 外反母趾の治療 外脛骨 外脛骨障害 大腿二頭筋 大腿四頭筋 大腿骨 大腿骨頭壊死 大腿骨頭壊死症 大転子滑液包炎 学的根拠 安静時痛 寒冷療法 弁慶の泣き所 後脛骨筋腱 心筋梗塞 恥骨 恥骨結合炎 慢性関節リウマチ 扁平足 手のひら 手のアーチ 手の主要機能 手の皮膚 手の皮膚の秘密 手術 手術療法 指の腱 摂り方 整形外科 栄養補助食品 棘突起 椎間板 構造 橈骨 母趾 水中ウォーク 水疱 治療 治療の基本 治療の目標 治療法 海綿骨 温熱療法 滑膜 滑膜性腱鞘 爪の役割 物理療法 特発性脊柱側弯症 球関節 理学療法士 生活習慣病 疲労物質 疲労骨折 痛風 瘢痕組織 白色脂肪細胞 皮下脂肪 皮膚の摩擦 皮質骨 石灰沈着性腱板炎 神経腫 科学的根拠 筋断裂 糖代謝異常 肉離れ 肘内障 肘関節 股関節 股関節の弱点 肥満 肥満度 肩こり 肩こりの原因 肩こり予防 肩の脱臼 肩の脱臼の治療 肩の脱臼 Q&A 肩関節 胸椎 脂肪 脂肪の取り過ぎ 脂質異常 脊柱側弯症 脊椎 脊髄損傷 脱メタボ 脳血管障害 腓腹筋痙攣 腓骨筋腱 腓骨筋腱損傷 腰椎 腰痛 腰痛予防 腰痛対策 腰痛治療 腱板 腱板断裂 腱鞘炎 腱鞘炎の原因 腱鞘炎の症状 腸脛靭帯炎 腹囲径 膝の健康 膝の機能 膝の状態 膝の痛み 膝関節 膝関節の可動性 舟状骨 薬の特徴 血圧異常 行軍骨折 装具療法 褐色脂肪細胞 親指 触診 診断基準 走りすぎ 足のアーチ 足のマメ 足の内くるぶし 足の甲の痛み 足底板 足底板治療 足底腱膜炎 足根骨 足趾 踵骨棘 軟骨 軟骨変性 運動不足 運動療法 過呼吸症候群 選び 選び方 遺伝 野球肘 野球肘の治療 長所と短所 関節ねずみ 関節の痛み 関節の痛みを和らげる 関節内注射 関節液 関節炎 関節痛 関節穿刺 関節裂隙 関節軟骨 陥入爪 靭帯 靭帯性腱鞘 頚椎 頚椎のしくみ 頚椎の病気 食事予防 飲酒量 骨と関節 骨の吸収を抑える薬 骨密度 骨折 骨梁 骨粗鬆症 骨粗鬆症Q&A 骨量計測検査 高位脛骨骨切り術 3つの運動療法

Copyright © 2014 整形外科医散歩道 All Rights Reserved.