ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

膝の健康を守る秘訣 その1

膝の健康を守る秘訣 その1:関節軟骨を健康に!

————————————————————————-

●関節軟骨(かんせつなんこつ)に栄養を!
膝の健康を守るには欠かせないもの。それは「関節軟骨(かんせつなんこつ)」
です。

関節軟骨の役割は何でしたっけ?
ハイ!まずは復習~(^^

▼骨が受ける衝撃を吸収する
▼骨と骨の摩擦を防ぐ
  
つまり、関節軟骨が傷んでいると、膝は健康にはなりません。

■関節軟骨には●●●●●が効果的!
変形性膝関節症と関わりの深い関節軟骨、そしてその関節軟骨に栄養を与える
関節液は●●●●●から作られています。
それは一体?

■良質のタンパク質です(^^  
生命を維持し、活動していくためのエネルギー源となるタンパク質は、骨や筋肉。 
さらには血液、皮膚、各臓器やホルモン、酵素などなど。これらすべてをつくり
材料になります。

エネルギーは脂質や炭水化物などから作られていますが、体を作る働きは
「タンパク質」から作られているのです。

私たちの体の中では、正常な新陳代謝が行われています。ところが、タンパク質が
不足すると、正常な新陳代謝が行われません。
すると、栄養が関節軟骨にも行き渡らなくなります(–

■良質なタンパク質とは?
タンパク質は20種類以上のアミノ酸から構成されています。
このうち、食事をとおして摂取しないといけないものを「必須アミノ酸」と
いいます。

良質のタンパク質とは、この必須アミノ酸が「バランス良く含まれている」
ものです。

必須アミノ酸は、主に動物性タンパク質に多く含まれています。

ただ。。。
動物性タンパク質ばかり食べていては、エネルギーが過剰になってしまいます。
つまり。
体重が増えすぎてしまうリスクがあります。

そこで、植物性タンパク質を上手に摂る必要があります。
なかでも、●●製品が大切です!それは。。。

■大豆(だいず)製品(^^
豆腐や納豆。 ←苦手な方もいますよね(^^;
これらの大豆製品は、良質のタンパク質が豊富に含まれているんです。

さ、さらに!
○カロリーが低い
○さまざまな栄養素を含む
・カルシウム
・ビタミンE
・ビタミンB
・食物繊維 など

十分な栄養をとりながら、体重をコントロールするには大豆製品を上手に
利用しましょう!

■良質なタンパク質を多く含む食品
代表的なものをガイドしましょう。

○鶏卵    1個 (50グラム)   で   約6グラム
○あじ    1尾 (約70グラム)  で   約14~5グラム
○まぐろ   刺身5切れ(約70グラム)で   約16グラム
○鮭     1切れ(約60グラム)  で   約13グラム
○牛乳    200ml         で   約7グラム
○鶏肉もも  80グラム        で   約14グラム
○うなぎ蒲焼 100グラム       で   約23グラム
○ヨーグルト 100グラム       で   4~5グラム
○チーズ   20グラム        で   4~5グラム
○木綿豆腐  1/4丁           で   4~5グラム
○納豆    40グラム        で   6~7グラム
などなどです(^^

成人の場合、一般に1日あたり60~70グラムのタンパク質が必要と
されています。
ぜひ、参考にして下さいね。

————————————————————————–

今週のガイドは如何でしたか?
少しでも役に立てれば幸いです。
このメルマガは
本には載ってないような「痒いところに手が届くガイド」を心がけています。
さて、来週は「骨と関節を丈夫にする○○○○についてガイドしま~す!
来週も お・た・の・し・み・に~

最新の記事