埼玉県熊谷市の整形外科医 松田 芳和 が複雑な体の仕組みや動きを分かりやすく解説いたします。
少しでも痛みの緩和や病気の予防につながれば幸いです。
腰痛やランニング障害、人工関節に関する無料小冊子もご用意していますのでぜひご活用ください。 
まつだ整形外科クリニック
人工関節置換術
腰痛対策

腰痛予防のポイント

インソールバナー2

2007年3月20日




腰痛予防のポイント 2004/10/18
 ◆ 【「腰痛予防のポイント!」をガイドする♪】~★4種類の予防薬
 ◆ 【「腰痛」何でもQ&A:第2章】
 ◆ 【「1日3分!知恵のなる木:Q&A」のお知らせ】
 ◆ 【編集後記】
 
  本編
       
 □■Dr.フー「腰痛予防のポイント!」をガイドする♪
 
 ◆~第1章~ 「腰痛の予防薬はあなたの生活にあり!」
  あなたの1日を振り返ってみて下さい。起床から始まり就寝までの間、
 食事や掃除、仕事、買い物などなど。ある程度の生活パターンが出来て
 いますよね。
  この毎日の生活の中に腰痛を引き起こす「悪しき習慣・癖」が潜んで
 いるんです。これを直していくこと。これこそが腰痛の予防薬なんです。
 ◆~第2章~ 「腰痛の予防薬」  
  ここでは、みなさまに4種類の予防薬を処方しますね。
 その1.「~ぱなし」はダメ! 
  パソコンに向かって「座りっぱなし」、台所で「立ちっぱなし」。
 思い当たる方いませんか?実はこの「~ぱなし」が良くないんですね。
  長い時間同じ姿勢でいると、腰に負担がかかるんです。また、筋肉の
 血行が悪くなりやすく、筋肉が緊張して痛みを誘発します。
 あたなの生活。見直してみましょう!
 その2.「~すぎ」はダメ!
  朝の洗顔、歯磨き、お掃除などなど。腰を曲げる姿勢って日常生活
 ではホントに多いんです。そのとき注意しないといけないのが
 「曲げすぎ!」
  直立の姿勢と比較すると、お辞儀した姿勢では腰に2倍近くの負担
 がかかるといわれています。気をつけましょうね。
 その3.「アンバランス」はダメ!
  なんでもバランスがとれていると素敵ですよね。バランスのとれた
 演技。バランスのとれたカップル。バランスのとれた景観。などなど。
  このバランス。実は腰痛とも関係しています。重い荷物を片手に
 持って歩いて、肩がこったり、腰が痛くなったりした経験のある方は
 いませんか?
  つい先日も吹奏楽の女の子が来院して、いつも楽器を左肩にのせて
 いると腰が痛くなると話していました。これは左右のバランスが悪いん
 ですね。そのために腰に偏った負担がかかり腰痛を引き起こします。
  日常で多いのが肩掛けカバンですね。たすきのようにして掛けるのが
 いいでしょう。
 その4.やっぱり「無理」はダメ!
  ついつい無理をしてしまうのが悪い癖!そんな方も多いのでは?
  少し台の上に乗れば届くものを無理して取ったり、急いで狭いところ
 で腰を深く曲げて靴を履いたり、後ろにあるものを向きを変えずに腰を
 捻って取ったり。。。これは腰に無理な姿勢を強いている悪い癖です。
  台や椅子など身近なものを利用するだけで腰への負担は軽くなります。
 「無理は禁物ですよ」。
 
 ◆「腰痛」何でもQ&A  ★~第2章
  
さて、先週に引き続き、「腰痛」に関してのQ&Aをお送りします。
  読者のみなさん、そして外来の患者さんから聞かれる素朴な
  ギモンについてお答えしますね。
  
 Q1.前回のQ&Aでうつ伏せに寝るのは良くないってお話。私はどうし
   てもうつ伏せでないと寝付けないんです!フー先生もそうだって(笑)
   どうしたらいいんでしょう。フー先生はなにか工夫していますか?
                            30代 女性
 A.いやはや。恥ずかしながら特に工夫はしていないのですが、実は寝て
  いる時に姿勢が悪い方は、朝起き掛けに痛みがでることがあるんです。
  それは寝ている間に腰が反っているのが一つの原因なんですね。
  仰向けに寝ている人でも少し背骨の反りが強い人。そんな方は足の下に
  クッションでもおくといいんです。腰が真っ直ぐになりますから。
  逆に小生みたいにうつ伏せ寝の方は柔らかいクッションをお腹の下に置
  くと腰が真っ直ぐになります。一度試してみて下さいね。
 Q2.腰痛予防にいい食事ってありますか?        38歳・女性
 A.バランスの取れた食事が一番です。
  これを食べると予防できるといった食事はないと思います。
  ただ、疲れきった筋肉や神経の疲労にはビタミンB1が良いと言われて
  います。レバーや豚肉などに多く含まれていますよね。
  それから骨が弱くなって腰痛を起こす事も多いんです。カルシウムや
  カルシウムの吸収に必要なビタミンが良いでしょう。
  いずれにしても偏った栄養はよくありませんよね。バランスの良い食事を
  心がけて下さいね。(小生も気をつけなくてはといつも思ってます)
 Q3.急激な腰痛を起こした時は「安静」しかないと言われました。痛みが
   とれるまでじっとしているしかないのですか?    おっさんより。
 A.そんなことはありません。
  実は以前は「ギックリ腰」などの急性腰痛は「安静」が一番だと思って  
  いました。患者さんにも「安静にして下さい」と話していました。。。
  でも今はある程度動いた方が良いと論文では報告されています。そして
  ある程度のコンセンサスが得られているようです。
  「安静」にした患者さんよりも「痛みに耐えられる範囲内の日常生活」を
  送った患者さんの方が治療成績は良いというコンセンサスです。
  小生も今では「安静に!」ではなく「ある程度は動いて結構ですよ」
  「ただし、無理はしないで下さいね」とお話しています。
 さて、ギックリ腰に関する質問も頂きました。
 Q4.ギックリ腰ってなんですか?           40代 女性
 Q5.何度もギックリ腰を繰り返しています。原因は何ですか?
                            53歳 男性         
 A.ギックリ腰はドイツ語で「魔女の一撃」と呼ばれています。
  
  何かをしようとして体を動かした瞬間に、急激な腰痛で動けない!なんて
  経験ありませんか?これが「ギックリ腰」なんです。
  ただし、「ギックリ腰」はあくまでも俗称であって、医学的には
 「腰椎捻挫」とか「急性腰痛症」と呼びます。
  そして、その正体は?….
  実は正体不明なんです。ギックリ腰が起きている人の中で何が起きているか
  調べることは出来ませんもんね。
  ただ、大きく分けて2つの事が起きていると考えられます。
  1)筋肉繊維の断裂
   背ぼねを支えている筋肉に起きます。血行が悪く堅くなった筋肉に起り
   易いと考えられています。
  2)腰の関節や軟骨、靭帯損傷
   腰椎捻挫と言われている所以ですね。腰にある関節、椎間板や靭帯などの
   損傷により起ります。
  
  さて、今週のガイドはこれでおしまいです。
  来週は「腰痛を起こす主な病気」についてガイドします。
  具体的な例を挙げてガイドしますね。
             
           お・た・の・し・み・に!….. ♪
 【「1日3分!知恵のなる木:Q&A」のお知らせ】
 「お・し・ら・せ!」
  
◆ 「整形外科・スポーツ・リハビリ」に関連する医者には聞けない
   「素朴な疑問・質問」を受け付けています。
   たとえば…
1)どうして水がたまるの?
   2)水を抜くとくせになる?
   3)捻挫は遺伝するの?
                         ….などなど
そこには意外な「ウソと常識」がありそうです。
   たくさんのメールありがとうございます。
   これからもドシドシメール下さいね。
   
  「1日3分!知恵のなる木:Q&A」の配信に向けて準備中です。
  ★注意、免責事項について
 ■□医療相談は行っていません。治療中に方は主治医の方にご相談下さい。
 ■□記載内容を利用して生じた結果については、当方では責任は取れません。


まつだ整形外科クリニック

インソールバナー2



無料小冊子 整形外科医が教えるランニング術


ランナーの7つの御利益とは?

その1.走って筋肉や骨が強くなる!
その2.走って脂肪燃焼!
その3.走ってメタボを予防する!
その4.走って多くのホルモンが分泌する!
その5.走ってアンチエイジング!
その6.走ってセルフマネジメント能力を高めよう!
その7.走って脳トレ!

小冊子をお申し込みいただいた方には、定期的にランナーのためになる情報を無料メールマガジンとしてご案内いたします。

プライバシーポリシーはこちら


メールアドレス

タグ

BMI おや指 かかとの痛み こむらがえり ばね指 ふくらはぎ やせの大食い ゆびの長さ アウターマッスル アキレス腱 アキレス腱周囲炎 アキレス腱炎 アーチ構造 インスリン抵抗性 インナーマッスル エックス線検査 エネルギー エネルギー倹約遺伝子 カルシウム ガングリオン クールダウン グルコサミン コンドロイチン ゴルフ肘 サプリメント サプリメント選び シップ シンスプリント ジャンパー膝 ステロイド ストレス ストレス解消 ストレッチ ダイエット テニス肘 デメリット ドーナツ状パッド ハイドロキシアパタイト ハイヒール ハリ治療 ビスホスホネート ビタミン ビタミンD マグネシウム ミネラル不足 メタボ メタボリックシンドローム モートン病 ランナー ランニング障害 リハビリ 上腕の神経 中足骨 二足直立歩行 五十肩 五十肩とは 五十肩の原因 五十肩の定義 五十肩の治療 五本指ソックス 人工膝関節 人工膝関節置換術 人工関節 体操 偏平足 偽痛風 内くるぶし 内臓脂肪 内臓脂肪症候群 前十字靭帯損傷 半月板 半月板損傷 可動時痛 名医 土踏まず 圧迫骨折 基礎代謝 変形性股関節症 変形性膝関節症 変形性関節症 外傷性肩関節脱臼 外反母趾 外反母趾の予防 外反母趾の治療 外脛骨 外脛骨障害 大腿二頭筋 大腿四頭筋 大腿骨 大腿骨頭壊死 大腿骨頭壊死症 大転子滑液包炎 学的根拠 安静時痛 寒冷療法 弁慶の泣き所 後脛骨筋腱 心筋梗塞 恥骨 恥骨結合炎 慢性関節リウマチ 扁平足 手のひら 手のアーチ 手の主要機能 手の皮膚 手の皮膚の秘密 手術 手術療法 指の腱 摂り方 整形外科 栄養補助食品 棘突起 椎間板 構造 橈骨 母趾 水中ウォーク 水疱 治療 治療の基本 治療の目標 治療法 海綿骨 温熱療法 滑膜 滑膜性腱鞘 爪の役割 物理療法 特発性脊柱側弯症 球関節 理学療法士 生活習慣病 疲労物質 疲労骨折 痛風 瘢痕組織 白色脂肪細胞 皮下脂肪 皮膚の摩擦 皮質骨 石灰沈着性腱板炎 神経腫 科学的根拠 筋断裂 糖代謝異常 肉離れ 肘内障 肘関節 股関節 股関節の弱点 肥満 肥満度 肩こり 肩こりの原因 肩こり予防 肩の脱臼 肩の脱臼の治療 肩の脱臼 Q&A 肩関節 胸椎 脂肪 脂肪の取り過ぎ 脂質異常 脊柱側弯症 脊椎 脊髄損傷 脱メタボ 脳血管障害 腓腹筋痙攣 腓骨筋腱 腓骨筋腱損傷 腰椎 腰痛 腰痛予防 腰痛対策 腰痛治療 腱板 腱板断裂 腱鞘炎 腱鞘炎の原因 腱鞘炎の症状 腸脛靭帯炎 腹囲径 膝の健康 膝の機能 膝の状態 膝の痛み 膝関節 膝関節の可動性 舟状骨 薬の特徴 血圧異常 行軍骨折 装具療法 褐色脂肪細胞 親指 触診 診断基準 走りすぎ 足のアーチ 足のマメ 足の内くるぶし 足の甲の痛み 足底板 足底板治療 足底腱膜炎 足根骨 足趾 踵骨棘 軟骨 軟骨変性 運動不足 運動療法 過呼吸症候群 選び 選び方 遺伝 野球肘 野球肘の治療 長所と短所 関節ねずみ 関節の痛み 関節の痛みを和らげる 関節内注射 関節液 関節炎 関節痛 関節穿刺 関節裂隙 関節軟骨 陥入爪 靭帯 靭帯性腱鞘 頚椎 頚椎のしくみ 頚椎の病気 食事予防 飲酒量 骨と関節 骨の吸収を抑える薬 骨密度 骨折 骨梁 骨粗鬆症 骨粗鬆症Q&A 骨量計測検査 高位脛骨骨切り術 3つの運動療法

Copyright © 2014 整形外科医散歩道 All Rights Reserved.