ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

大転子滑液包炎:股関節外側の出っ張りの痛み

大転子滑液包炎(だいてんしかつえきほうえん) 股関節の外側にある出っ張りの部分。 ここの痛みは大転子滑液包炎が考えられます。 下肢の外側にあるとてもしっかりとした強い靭帯、腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が走る動作によって前後に移動します。 そのため、骨の突き出た部分で摩擦が起こっ…… 続きを読む

シンスプリント:走るとすねが痛い!

シンスプリント シンスプリントとは、ふくらはぎの筋肉が収縮する際の圧力によって、すねの内側にある脛骨の骨膜がはがれてしまう障害です。 まさに、弁慶の泣き所と呼ばれる場所ですね。 メカニズム 脛骨の後ろ側にあるふくらはぎ、この筋肉が収縮すると、筋肉の圧力(内圧)によって、脛骨の骨膜を持…… 続きを読む

肉離れ:急激な筋肉の痛み!!

肉離れ(筋断裂) 肉離れとは、筋肉の一部が切れたり、筋肉を包んでいる筋膜が破れたりする状態をいいます。 医学用語では「筋断裂(きんだんれつ)」といいます。 短距離走や跳躍など、突発的に強い力を入れたときに多く起こります。 起こりやすい場所は? ・大腿四頭筋(だいたいしとうきん):太…… 続きを読む

腸脛靭帯炎:屈伸で膝の外側が痛い!

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん) 膝の外側の痛みの多くの原因が腸脛靭帯炎です。 骨と骨を連結しているのを靭帯といいますが、腸骨(骨盤のベルトをかける部分)と脛骨(けいこつ:膝下のすねの骨)を結んでいるのが腸脛靭帯です。 この長い靭帯の上には、大腿筋膜張筋という筋肉があって靭帯の長さと緊…… 続きを読む

ふくらはぎがつる!!

腓腹筋(ひふくきん)痙攣(けいれん)=こむらがえり ふくらはぎの痙攣(こむらがえり)を経験した人は少なくないでしょう。 医学用語では腓腹筋(ひふくきん)痙攣(けいれん)と言います。 自分の意識とは全く関係なく生じるもので、突然筋肉が収縮して強い痛みを伴います。 メカニズム 痙攣のメカニ…… 続きを読む

ランニング障害(アキレス腱の痛み)

アキレス腱の痛み 走っていて、地面を蹴る時や着地する際、アキレス腱に痛みが出ることが良くあります。 私もいつもより長い距離を走ったりすると痛みが出たり、時に腫れたりします。 このアキレス腱の痛みには二つの障害が考えられます。 アキレス腱周囲炎 まさに読んで字の如し。アキレス腱の周囲…… 続きを読む

最新の記事