ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

外反母趾の予防と対策

外反母趾にならないための【予防】とはいったいどんなものがあるのでしょうか。

前回まででガイドしましたように、発症には様々な要因が関与していると考えられています。

なかでも大切なものがコレ!

外反母趾に影響がある要素のなかで、最も大切なものは「靴」です。
ですから、まず予防法として考えるべきことは、足に優しい靴選び!
これにつきます(^^

では、どのような点に注意して、靴を選ぶべきでしょうか。
いくつか重要なポイントを挙げてみましょう。

長さ

足の指を十分に伸ばした状態で、靴とかかととの間に、小指が入るくらいの余裕があるもの。

きつ過ぎても、緩すぎてもいけません。
女性がおしゃれなどで履くことのある「ハイヒール」

これは、傾斜があり、先が細くなっていますので、足の指で底をつかむような状態で履く事になります。

つまり、これは小さな靴を履いているのと同じなんですね(^^;
せめて、ヒールの高さは5cmまでにしましょう!

靴の中で、足の指を開いたり、閉じたりできる幅

みなさんの靴はどうですか?
狭すぎると、外反母趾はもちろん。
足のうら、特に人さし指のつけ根の部分にタコが出来てしまいます。
ひものある靴であれば、調節しやすいですよね(^^

高さ

実際に靴を履いて歩いてみてください。
踏み返した時に、足の甲に痛みがあってはダメ。
緩すぎて、脱げ安やすいものもダメです。

ひどくきつすぎると、足の甲が締め付けられてあざができたり、おやゆびの付け根がしびれることもあります。
 

土踏まず

自分の土踏まずに位置に、靴底の高まりが合っていることがポイントです!

以上がやさしい靴選びのポイントです。

いずれにしても、じっくり時間をかけて、履き心地を確かめて選びましょう!

今回のガイドは如何でしたか?

次回は、【外反母趾(がいはんぼし)】の「治療」についてガイドします。

まだまだ続きますよ~♪

次回も お・た・の・し・み・に~

最新の記事