ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

大腿骨頭壊死症とは

◆大腿骨頭壊死(だいたい こっとう えし)症とは?
さて、骨はどうやって栄養を受けて生きているかご存知でしょうか?
体の他の細胞と同様に、骨も細胞が栄養を受け取って生きています。
その栄養は「血液」から酸素や栄養を受け取っているのですね。
そのため、血液の供給がなくなると、骨の細胞は死んでしまいます。 
これを「壊死:えし」といいます。

ですから、「大腿骨頭壊死症」は、大腿骨の先端にある球の部分(骨頭)
への血流が、何らかの原因で絶たれ、骨頭の一部や大部分が壊死してしまう
病気です。
骨が死んでしまう病気。 恐ろしいですね…

◆原因は?
大きく分けて3つ。

1)ステロイド(副腎皮質ホルモン:ふくじんひしつ)薬の副作用
これが最も多く全体の半数を占めます。
大量にステロイド薬を用いてる場合に、発症しやすくなります。

2)アルコール
全体の1/4を占めます。
特に、男性に発病する場合は、アルコールを原因とすることが多く
なっています。

3)不明
残りの1/4のケースは原因が不明です。
 
ちなみに、ステロイド薬やアルコールによって、なぜ大腿骨頭への血流が
滞ってしまうのか。これははっきりわかっていません。
それだけに注意が必要なのですね。

ビールが美味しいこの季節にはチョッピリ辛い内容ですね。。。

◆頻度は?
さて、この病気。全体としては2~3対1で男性に多いのが特徴です。
そして、発症年齢は40歳代が中心です。
好発年齢に近づいてきました(涙)

◆症状は?
壊死(えし)を起こした大腿骨頭は、非常につぶれ易くなっています。
壊死だけでは症状はほとんど現れません。が、体重などが繰り返しかかって、
大腿骨頭が潰れると、症状が出てきます。
潰れてくると、股関節や太もも、膝にかけて、突発的に痛みを感じます。
最初に、膝関節に痛みが生じる事もあります。
初期では、安静によって痛みは軽くなりますが、進行すると安静にして
いても痛みが治まらなくなってきます。 →安静時痛(あんせいじつう)
そして、徐々に歩けなくなってきます。

読者の皆さんの中で少しでも心当たりのある方は整形外科を受診して
下さいね。

—————————————————————–

さて、今週のガイドはここまで。
来週は治療についてガイドします。
お・た・の・し・みに~ (^^)/~~~ !

最新の記事