ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

股関節の秘密

◆股関節は球関節(きゅう かんせつ)
最初に股関節の構造をお話しましょう。

この関節は球関節といいます。以前、肩の関節のところでガイドしましたね。
人間の体のなかで球関節は2つあります。
それが「肩関節」と、この「股関節」です。
球関節は「ボール」と「おわん」をイメージするとわかりやすいですよ。
股関節の場合は、「ボール」が大腿骨の頭。大腿骨頭(だいたい こっとう)
といいます。

一方、その3分の2を入れている受け皿になる深い「おわん」。これを
寛骨臼窩(かんこつ きゅうか)といいます。
ちなみに「ボール」が深い「おわん」を乗り越えてしまうと….
そう、それが「脱臼」ですね(^^;)
股関節の脱臼についてはいずれ詳しくガイドしましょう。

◆最強の靭帯は股関節にあり!
骨盤と脚をつなぐ股関節。そこには人体で最強といわれる靭帯があります。
そもそも、股関節には重い頭と胴体を支える役割があります。

さらに、歩くだけでなく飛んだり跳ねたりする動作にも耐えれなければ
なりません。
このとき、実に体重の5倍以上もの負荷が股関節にかかるのです。
そう、5倍以上です。す、凄い数字ですよね(^^;)
(や、痩せなくては(-_-#) ← 強く言い聞かせる私….)

そのため股関節には最強の靭帯が必要なのです。
この最強の靭帯。
股関節を前方から包んでいる「腸骨大腿(ちょうこつ だいたい)靭帯」
といいます。
ちなみにこの靭帯単独で、350キロ以上の牽引力に耐えられます。
私の靭帯も必死に耐えています(-_-;) ← やはり痩せなければ….

—————————————————————–

さて、今週のガイドはここまで。
次週は股関節の「弱点」をガイドします。
どんなに強い人でも弱点はあります。
最強の靭帯を持つ股関節にも弱点はあります。
その弱点とは???
お・た・の・し・みに~ (^^)/~~~ !

最新の記事