ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック

ガングリオン

ガングリオンとは?

ガングリオンはゼリー状の物質が溜まった良性のこぶです。

このガングリオン。体のどこにでも出来ますが、なぜか手首に良く出来ます。

硬くて弾力性があり、球体をしているのが特徴ですね。でも、小さいものや、体の奥に出来たものはなかなか気が付かない事もあります。

10~30代くらいの若くて活動的な人に多く見られるのも特徴です。

原因は?

ずばり…良くわかっていません。

ただ、靭帯を構成する繊維が損傷して、その隙間に粘液がたまると考えられています。

症状は?

ほとんどは「こぶ」以外の症状はありません。ただ、時としてできた場所に

よってはガングリオンが神経を刺激して、痛みやしびれが生じる事があります。

治療は?

基本的には「放置」。つまり放っておいていいのです。ただ、確定診断のためには、こぶの内容物を注射器で吸引して、それが粘液状のものであるか確認するのがいいでしょう。それが治療にもなりますから。

しかし、吸引しただけでは一時的に良くなりますが、再発が多いのですね。

ですから、あまりに再発を繰り返したり、痛みやしびれがあったり、外見が気になる場合は手術が選択されることもあります。

ただ、あくまでも「良性」の病気です。

あまり、気になさらずに!

————————————————————–

さあ、今週で手や手指についてのガイドはおしまいです。
次回からは…
いよいよ「下半身」の森に突入で~す!
最初の森は「股関節の森」です。
股関節に痛みを感じている方。わかりやすくガイドしますね。
お・た・の・し・みに~!

最新の記事